診療案内

腎不全医療・透析医療

在宅血液透析について

在宅血液透析(HHD:home hemodialysis)は、医師の管理の元、患者さん御自身が自宅で血液透析を行う治療方法です。自宅で好きな時に十分な量の透析を行うことができ、生活の質の向上と予後の改善が期待できます。
実は、この治療法は伝統のある治療法です。約30年以上前から、多くの患者さん、医師をはじめとした医療従事者の方々の努力で育まれてきた治療法です。

 

当院は、これら諸先輩方のたえまない努力に敬意を表しつつ、在宅血液透析のsecond generation (次の世代)として、新しいシステムを積極的に導入し在宅血液透析を推進します。

  • 当院は、埼玉医科大学病院の在宅血液透析関連施設です。

在宅血液透析入門

当院の在宅血液透析の特長


在宅血液透析のイメージ図です


当院の在宅血液透析の特長は、

 

 

*お住まいの市町村で医療廃棄物の回収を実施していない場合に限ります。

豊富な導入実績と学術業績

当院では約20名の患者さんの管理を行っており、豊富な経験があります。また、各種の在宅血液透析関連臨床研究を行っており、日本透析医学会や在宅血液透析関連研究会等で多数の発表を行っております。(学術活動のページも御参照ください。)

豊富な導入実績と学術業績

すべての職員が在宅血液透析に精通

医療資格者に限らず、事務職員を含めたすべての職員が在宅血液透析に精通しています。これにより、各部の職員が綿密な連携の元、きめ細かい在宅血液透析診療を行うことができます。

マニュアルやビデオを使用した分かり易い研修

独自マニュアル等を活用した研修を実施しますので、最短の教育期間で在宅血液透析に移行できます。また、自己穿刺の導入においては、段階的な導入を行い、自己穿刺に伴う不安や技術的困難さを最大限軽減します。

24 時間365日のフォロー体制

当院は、在宅療養支援診療所として元々24 時間365日の体制を整備していますが、在宅血液透析についても同様に24 時間365日のフォロー体制を整備しております。いつでも在宅血液透析担当職員と電話で連絡が取れます。これにより、患者さんは御自宅で好きな時間に安心して透析を施行することができます。

24 時間365日のフォロー体制

ゆとりのある在宅血液透析外来

在宅血液透析を導入し状態が安定した際には、当院への通院は月1回の在宅血液透析外来時のみとなります。このため、在宅血液透析外来は非常に重要です。当院では、患者さん1名あたり約1時間の予約枠をとり、ゆったりとした雰囲気の中で十分な診療を行っています。

ゆとりのある在宅血液透析外来

すべての必要物品を当院が無料配送

必要物品の配送は当院が無料で行います。

すべての必要物品を当院が無料配送

医療廃棄物の回収を当院が実施

医療廃棄物の回収をお住まいの市町村で実施していない場合は、当院職員が医療廃棄物の回収を行います。

在宅血液透析用緊急通報システムを当院が御自宅に無償設置

セコム株式会社のホームセキュリティシステムの一部機能を利用した在宅血液透析用緊急通報システムを患者さんの御自宅に無償で設置します。これにより、万一、在宅血液透析中に緊急の事態が発生した場合でも速やかな対応を受けることができます。

セコム・ホームセキュリティ

郵送血液検査システムによる簡便かつ正確な血液検査

定期的採血は御自宅で行っていただき、検体を郵送していただきます。これにより、在宅血液透析外来時には検査結果がすでに揃っている状態となり、最新の検査結果に基づいた正確な診療が可能となります。また、通院透析と同様に透析前後での採血が可能となるので、透析効率等の計算も可能です。採血した血液の処理に必要となる遠心分離器は無償で患者さんに貸与します。

遠心分離器

ポータブル測定器による自宅での透析液設定調整

在宅血液透析を行う際は、御自宅で透析液の調整を行う必要があります。当院では、ポータブルタイプの測定器を常備していますので、機器設置や定期検査の際に透析液の調整を行うことができます。

血液ガス測定装置

災害対策として衛星携帯電話を常備

災害時にも患者さんとの連絡が取れるように、衛星携帯電話を2台常備しています。1台は院内に設置し、もう1台は院長が常に携帯しています。また、各種の災害対策を実施しています。

衛星携帯電話

在宅血液透析入門